網膜・硝子体疾患 専門知識ページ

ハンフリー視野計

視野計の内側に顔を固定して中心のマークを見つめ、周辺に出現する小さな光が見えたら、手に持っているブザーを鳴らして、視野の範囲や欠落部を調べます。片目ずつ行ない、両目の検査が終わるまでに30分くらいかかります。

ハンフリー視野検査の表れ方

黒い部分が、見えないところです。正常な視野では、盲点のみが黒くなっています。 網膜の中で一番視力の出る黄斑を中心に、10度ないし30度における感度をお調べする検査です。
部視野計の内側に顔を固定して中心のマークを見つめ、周辺に出現する小さな光が見えたらボタンを押していただき、感度が落ちている部分(見えにくくなっている部分)がないかをお調べします。
片目ずつ行ない、両目の検査が終わるまでに30分程度かかります。緑内障、網膜疾患などの早期発見、検査に必要です。

視野検査を行うにあたって

片目の視野に異常が出はじめても、もう片方の正常な目が欠損した部分の情報を補ってしまうので、視野の異常は気付きにくい事が多いとされています。

提供メーカー

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

東京みどり会の眼科紹介