網膜・硝子体疾患 専門知識ページ

眼圧検査

眼圧測定検査は、緑内障の検査のひとつです。眼の中には血液のかわりとなって栄養などを運ぶ房水とよばれる液体が流れています。この圧力が眼圧です。目で見たものを脳へ伝達する視神経が、眼球内の圧力(眼圧)の上昇に圧迫されるなどにより損傷を受けます。視神経が損傷した分、視野が狭くなり、一度損傷すると元に戻りません。眼圧の正常値は10~21mmHgといわれています。ノンコンタクトトノメーターで目に空気ををあて測定し、平均値をとります。または医師による点眼(ベノキシールなど)により眼球を麻痺させ、直接機械を目にあて測定する場合もあります。(アプラネージョントノメーター)

東京みどり会の眼科紹介