網膜・硝子体疾患 専門知識ページ

眼底出血

眼底出血は網膜表面の血管の破綻や閉塞することで起こる網膜の出血です。

眼底出血とは

眼底出血は網膜表面の血管の破綻や閉塞することで起こる網膜の出血です。
出血の量自体は微小で貧血などの原因とはなりませんが、重度の視力障害を来すこともあります。

眼底出血の原因

眼底出血をきたす病気は数多くあり、以下は代表的な原因です。

  • 高血圧・糖尿病・腎臓病などの全身病による網膜(硝子体)出血
  • 網膜血管の動脈硬化を基盤に生じる網膜(硝子体)出血
  • 外傷(眼球打撲等)による網膜(硝子体)出血
  • 後部硝子体剥離による網膜裂孔形成の際に生じる網膜(硝子体)出血

中でも一番多くて重要なのは糖尿病によるもので、昔は成人の失明原因の第一位でした。
糖尿病の人は早期から定期的な眼底検査が非常に大事です。
早期に治療すれば病状の進行を遅らせることが可能です。

次に多い原因は、高血圧症や動脈硬化症に伴う網膜中心静脈閉塞症です。
このタイプの眼底出血を起こす人は、その後に脳血栓を起こす危険性があるので要注意です。

眼底出血の症状

主な症状は、視力の低下や霞み、飛蚊症(物が飛んで見える)、歪視症(物が歪んで見える)などです。
中心部が出血すると視力低下がおきます。
視力がどの程度まで下がるか、どの程度回復するかはどこに出血したかによって変わります。
出血した場所は光が遮られ視野が欠けます。
しかし、周辺部におきるとほとんど自覚症状はありません。

眼底出血の検査方法

視力検査

眼底検査

眼底にある網膜の状態をくわしく調べるために行います。
検査の前に目薬をさして瞳孔を開きます。まぶしくて近くが見えない状態が約3~6時間続きますが、自然に元に戻ります。

OCT(光干渉断層計)

OCT(Optical Coherence Tomography: 光干渉断層計)とは、網膜(カメラで例えるとフィルムにあたる部分)の断層画像を撮影する検査です。
このOCT検査により、診察だけでは分かりにくい網膜の状態を明らかにし、網膜の病気に対する治療方針の決定や、治療効果の判定に役立てることができます。
OCTを必要とする代表的な疾患は、黄斑円孔、黄斑前膜、糖尿病黄斑症、黄斑浮腫、加齢黄斑変性、網膜剥離、緑内障などです。

蛍光眼底造影検査

特に蛍光眼底検査は、造影剤を注射して眼底の血管を詳しく調べることができるので、治療の上で大切な検査です。

眼底出血の治療方法

全身疾患による眼底出血の場合は、その原因となる病気を治療することがもっとも大切です。
通常眼底出血は1~3ケ月で吸収され消失しますが、内科的管理を怠るとまた再出血しますので、長期にわたる治療が必要となります。

薬物治療

初めは血液の流れを良くする薬を使います。

手術

再出血を防ぐために、レーザー光線で眼底を凝固する場合もあります。また硝子体出血が長期間吸収しないときには、硝子体切除をおこなって血液で混濁した硝子体を取り除くこともあります。


上の写真はレーザー治療後の眼底です。白い場所がレーザー治療した跡です。
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

東京みどり会の眼科紹介