網膜・硝子体疾患 専門知識ページ

光視症

光視症の症状、原因の説明です。

光視症とは

光視症とは、光が当たっていないのに、視野の中心や端に光が飛んで見えたり、チカチカ・キラキラ光を感じる、硝子体の収縮により網膜が刺激を受けて起こる症状です。

光視症の原因

光視症は飛蚊症と同様、網膜剥離などでも起こりますが、主に老化(加齢)と共に、後部硝子体剥離のときに起こります。
網膜と硝子体の間に強い癒着があると、その部位はすぐに剥がれず、目を動かすたびに硝子体が揺れて網膜が引っ張られます。
このとき網膜が刺激されて実際にはない光を感じるのです。
網膜と硝子体の癒着がとれれば光は見えなくなりますが、癒着が長く残り、光視症が数週間から数年間持続することもあります。

また脳の血管の病気、過労や睡眠不足などが原因で光視症が起こる事もあります。
よく頭をぶつけたときなどに「目から火花が出て、パッと目の前が明るくなった」といったことを経験した事はありませんか?
これは頭をぶつけたときの衝撃が網膜の視細胞を刺激し、光として感じてしまうために起こるのです。
これも光視症のひとつといってもよいかもしれません。

光視症は必ずしも網膜剥離や、網膜裂孔の前兆としての症状ではありませんが、光視症と思われるような症状が出た場合、早めに眼科医の診察を受けましょう。

光視症の検査方法

視力検査や眼底検査を行います。
眼底検査とは、散瞳薬を使って瞳孔を広げ、検眼鏡を使って瞳孔から眼球の奥の網膜の状態を調べます。
目薬をさして瞳孔を開きます。まぶしさを感じたり近くが見えづらい状態が約3~6時間続きますが、自然に元に戻ります。

光視症の治療方法

眼底検査の結果、生理的な光視症であれば定期的に眼底検査をして、経過をみます。
網膜裂孔網膜剥離などが認められれば、すぐに手術します。
チカチカ・キラキラ光としたを感じる時は、眼科医師のチェックを早期に受けるようにしてください。
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

東京みどり会の眼科紹介