網膜・硝子体疾患 専門知識ページ

網膜格子状変性

網膜格子状変性の症状・原因の説明です。

網膜格子状変性とは

網膜を布としてイメージするとわかりやすいかと思います。
布の弱くなった部分が薄くなり、繊維が見えるように、網膜も同じような状態になります。これを網膜格子状変性(もうまくこうしじょうへんせい)と呼びます。
格子状変性はもともと弱い部分がある場合、そちらががどんどん薄くなり、最終的に穴が開いてしまう場合もあります。

網膜格子状変性の特徴

網膜格子状変性は生まれつき持っているのではなく、小児期から青年期に徐々に形成されていきます。
その割合は全人口の5~6%で、その約半数が両目に発生すると言われています。
また近視の人で10%、強度近視では20%の頻度でこの変性が発生する事が認められています。

網膜格子状変性の原因

原因には体質が関係していて、常染色体優性遺伝といわれ、かなり強い近視のある人に起こりやすいといわれています。

網膜格子状変性の症状

自覚症状はなく、眼底検査で発見されることが多いです。

網膜格子状変性の検査

症状を詳しく聞いた後、視力や視野検査、目の精密検査が行われますが、最も重要な検査は眼底検査です。
眼底検査とは、散瞳薬を使って瞳孔を広げ、検眼鏡を使って瞳孔から眼球の奥の網膜の状態を調べます。目薬をさして瞳孔を開きます。まぶしさを感じたり近くが見えづらい状態が約3~6時間続きますが、自然に元に戻ります。

網膜格子状変性の治療

眼底検査の結果、網膜が薄くなっているだけでなく、穴(網膜円孔)(網膜裂孔)が開いている場合は、網膜剥離の原因となることがあるのでレーザー治療をします。
穴が開いていない場合でも、片方の目が網膜剥離になったことがある場合には、網膜の薄くなったところを囲むようにレーザー治療をします。
格子状変性の部分をレーザーで凝固したり(光凝固)、凍らせたり(冷凍凝固)して、破壊します。

グリーンレーザー光凝固装置

光エネルギーを用いて網膜周辺部の蛋白凝固や虹彩切開を行い、眼底疾患を治療する機械です。
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

東京みどり会の眼科紹介