網膜・硝子体疾患 専門知識ページ

網膜円孔

網膜円孔の症状・原因の説明です。

網膜円孔とは

硝子体膜が網膜から剥がれる後部硝子体剥離網膜が薄くなる状態(網膜格子状変性)が経年変化して網膜に生じるまるい穴が網膜円孔です。
網膜剥離になってしまう原因のひとつです。

網膜円孔の主な原因

前述のとおり硝子体膜が網膜から剥がれる後部硝子体剥離網膜格子状変性に伴う経年変化である事がほとんどです。

網膜円孔の主な症状

代表的なものは「飛蚊症」、「光視症 」です。黒い点やゴミのようなものが見えるのが飛蚊症、光が当たっていないのに光を感じるのが光視症ですが、どちらも加齢や近視との関係でおきる硝子体混濁が原因のものと判別しづく、見えるものが急に変化した時は特に注意が必要です。
又、裂孔・円孔が進行し剥離を引き起こしていると、視力低下や視野の欠損が生じることもあります。

網膜円孔の主な検査方法

視力検査をして、その後眼底の詳しい検査をします。

眼底検査

眼底にある網膜の状態をくわしく調べるために行います。
検査の前に目薬をさして瞳孔を開きます。まぶしくて近くが見えない状態が約3~6時間続きますが、自然に元に戻ります。

網膜円孔の主な治療方法

レーザー光凝固術

裂孔、円孔の周囲をレーザーで焼いて固めそれ以上広がったり、そこから硝子体の水分が網膜の下に入り込まないようにします。
ただし、網膜裂孔と違って網膜円孔はただちに網膜剥離に発展しないケースも多いため、経過観察となる場合もあります。
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

東京みどり会の眼科紹介