網膜・硝子体疾患 専門知識ページ

後部硝子体剥離

後部硝子体剥離の症状・原因の説明です。

後部硝子体剥離とは

目の内部を満たす硝子体は若い頃は、通常透明なゼリー状です。
この硝子体が加齢とともに変質し、繊維状の物質や濁りなどが生じてゼリー状から液状へと変化します。
このため硝子体の中で水の塊ができ、これが巨大化すると硝子体が後部の網膜との接触部分から離れます。
これを後部硝子体剥離と言います。
剥離した際に後部硝子体膜がよじれたり、混濁をおこすと飛蚊症になることがあります。

後部硝子体剥離の主な症状

後部硝子体剥離が起こると、飛蚊症になることがあります。飛蚊症とは、明るいところや、白っぽい壁を見た時に、眼の前に黒い点や糸くずのようなものが、ふわふわ動いて見える症状です。眼の前に蚊が飛んでいるように見えることからこの名前がついています。
眼を動かすと、硝子体の中のにごりもゆらゆら動き、それに伴って瞳孔から入ってきた光でできるにごりの影も揺れ動きます。そのため眼を動かすたびに、浮遊物が飛んでいるように見えます。
後部硝子体剥離の時は、もともと視神経乳頭の周囲にあたる丸い輪の形をした硝子体のにごりが網膜の近くに浮かぶことになり、これが影を落として飛蚊症として自覚されます。
また、後部硝子体剥離が起こる時に、網膜と硝子体のくっつきが強い部分の網膜を引っ張り、この刺激が光刺激として脳に伝わると、「ピカピカ光っているものが見える」「稲妻が走っている」などの、光視症と呼ばれる症状が現れることもあります。

後部硝子体剥離の主な検査方法

視力検査・眼底検査などを行います。

後部硝子体剥離の主な治療方法

後部硝子体剥離自体は老化現象の一種です。しかし、後部硝子体剥離が網膜剥離網膜裂孔を起こす可能性があるので、経過観察が必要です。
網膜裂孔などが起こってしまった場合には治療が必要ですが、後部硝子体剥離に対しての治療は特に行いません。
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

東京みどり会の眼科紹介