網膜・硝子体疾患 専門知識ページ

星状硝子体症

星状硝子体症の症状・原因の説明です。

星状硝子体症とは

星状硝子体症(アステロイドハイアローシス)は片眼性で非炎症性の変化であり、小さな球状の粒子が、正常な硝子体の中に蓄積する疾患です。
視力低下はなく、それ自体はほぼ無害です。
この状態は、全体の約1%に存在し、高齢者に現れ、男性に多く発症します。
通常この疾患の発生には家族性は見られません。
そして、この疾患は糖尿病、高血圧、アテローム性動脈硬化症、痛風、および遠視に合併する事が多いのが特徴です。

星状硝子体症の主な原因

体に蓄積された、リン酸カルシウムの結晶が、何らかの原因で硝子体に出来てしまいます。
原因自体は今のところ不明です。

星状硝子体症の主な症状

黄白色の反射性の小球物が多数硝子体中に見られます。

星状硝子体症の主な治療方法

眼底疾患の治療で同時に除去する場合以外は、通常は手術で取ることはせず、経過を観察します。
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

東京みどり会の眼科紹介