網膜・硝子体疾患 専門知識ページ

硝子体混濁

硝子体混濁の症状・原因の説明です。

硝子体混濁とは

硝子体混濁とは、何らかの原因で本来透明な硝子体に濁りが生じることです。

硝子体混濁の主な原因

原因は様々ですが、ぶどう膜炎などの炎症性疾患が最も頻度の高い原因です。
その他に網膜剥離硝子体出血、強度の近視、加齢などが原因の場合もあります。

硝子体混濁の主な症状

硝子体の濁りによって光が遮られるため、飛蚊症や、視力障害となる場合もあります。

硝子体混濁の検査方法

視力検査をして、その後眼底の詳しい検査をします。

眼底検査

眼底にある網膜やその手前にある硝子体の状態をくわしく調べるために行います。
検査の前に目薬をさして瞳孔を開きます。まぶしさを感じたり近くが見えづらくなる状態が約3~6時間続きますが、自然に元に戻ります。

硝子体混濁の治療方法

ぶどう膜炎が疑われる場合には血液検査や胸部X線検査、ツベルクリン検査などを行って全身疾患の有無から原因を調べる必要がある場合、内科や呼吸器科など眼科以外の科に受診してもらうこともあります。
また硝子体の一部を手術によって切り取り生体検査を行い原因を特定する手法もありますが、その場合は大学病院等を紹介させて頂く様になります。
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

東京みどり会の眼科紹介