網膜・硝子体疾患 専門知識ページ

網膜裂孔

網膜裂孔の解説です。

網膜裂孔とは

網膜裂孔は網膜の破れ目のことで、網膜剥離を引き起こす主な原因のひとつです。
網膜裂孔は、大きく、網膜の変性・萎縮によって生じるまるい穴「萎縮性円孔」と、硝子体と網膜が癒着していて網膜が硝子体にひっぱられて生じる裂け目「牽引性裂孔」とに大別されます。後者の網膜裂孔が網膜剥離につながりやすいといわれています。

網膜裂孔の主な原因

1.加齢による「後部硝子体剥離」による網膜裂孔

眼球内部は硝子体で満たされていますが、年齢と共に硝子体は萎縮していきます。
この時に網膜に弱いところがあった り、硝子体網膜の癒着が強いと網膜に穴や裂け目が出来ておこる網膜裂孔。

2.強度近視による網膜裂孔

近視が強いと眼球の奥行きが長くなり、網膜に薄く弱い部分が出来てしまうことがあります。この部分が萎縮する時に、「網膜円孔」がおき、網膜裂孔に発展する網膜裂孔。

3.眼球打撲によるもの

激しいスポーツや転倒などで頭部や眼を強くぶつけると、急激に眼球の変化が生じそれによっておこる網膜裂孔。

網膜裂孔の主な症状

網膜裂孔の主な症状 代表的なものは「飛蚊症 」、「光視症」です。
黒い点やゴミのよ うなものが見えるのが飛蚊症、光が当たっていないのに光を感じるのが光視症ですが、どちらも加齢や近視との関係でおきる後部硝子体剥離や硝子体混濁が原因のものと判別しづらく、見えるものが急に変化した時は特に注意が必要です。
又、網膜裂孔・ 網膜円孔が進行し網膜剥離を引き起こしていると、視力低下や視野の欠損が生じることもあります。

網膜裂孔の主な検査方法

視力検査をして、その後眼底の詳しい検査をします。

眼底検査

眼底にある網膜の状態をくわしく調べるために行います。
検査の前に目薬をさして瞳孔を開きます。まぶしさを感じたり近くが見えづらい状態が約3~6時間続きますが、自然に元に戻ります。

OCT(光干渉断層計)

近赤外線を利用した眼底の検査機器で、これまで行えなかった網膜の断面の観察が出来るようになり、網膜疾患、特に黄斑部病変の精密な診断が早期かつ正確に行うことができます。

網膜裂孔の主な治療方法

レーザー光凝固術

裂孔、円孔の周囲をレーザーで焼いて固めそれ以上広がったり、そこから硝子体の水分が網膜の下に入り込まないようにします。

網膜裂孔で、レーザー光凝固術での治療ができる方、できない方

治療が出来る方

網膜裂孔があるが、網膜剥離が進行していない方には、レーザー光凝固治療が対象となります。

治療が出来ない方

網膜裂孔の内部には硝子体が液化した水分があります。この水分は網膜の奥に入り込もうとし、いったん水分が入り込むと、網膜剥離へと進行する可能性が高くなります。網膜剥離が進行している方は手術対象となります。

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

東京みどり会の眼科紹介