網膜・硝子体疾患 専門知識ページ

網膜剥離

網膜剥離の解説です。

網膜剥離とは

網膜剥離とは、神経網膜(光を感じる層)が外側の網膜色素上皮細胞から剥がれて、硝子体の中に浮き上がってしまう病気です。

網膜剥離の主な原因

中高年者の場合

加齢による硝子体の変化
目の内部を満たす硝子体は通常ゼリー状ですが、加齢により一部が液状化し、 ゼリー状の硝子体が眼球の動きに連動して移動するようになり、その際硝子体に網膜が引っ張られると、裂け目(裂孔)ができ、網膜が浮き上がって剥がれます。
この現象は、加齢変化による生理的なものです。

若年者の場合

目の外傷
スポーツではボクシングの選手が引退に追い込まれることで有名です。
また、テニスや野球などボールが当たった衝撃で起こることもあります。

その他

網膜に穴があかない網膜剥離として、糖尿病から起きる「牽引性網膜剥離」、炎症による「滲出性網膜剥離」があります。
また、強度の近視からくる「黄斑円孔網膜剥離 」やアトピーが原因となる網膜剥離もあります。

網膜剥離の主な自覚症状

網膜剥離の初期症状
飛蚊症(小さなゴミや虫、髪の毛のようなものが見える症状)
光視症(光がないのにチカチカ光のようなものが見える症状)
●視野欠損(カーテンに覆われたように物が見えにくくなる症状)
視力低下
上記があげられます。痛みがないことから、気付かない事も多いようです。症状が出ない場合もあります。

網膜剥離の主な検査方法

視力検査をして、その後、眼底の詳しい検査をします。
※眼底検査・・眼底にある、網膜の状態を詳しく調べるために行います。
検査の前に、目薬をさして瞳孔を開きます。まぶしさを感じたり、近くが見えづらくなる状態(個人差がありますが約5~6時間ほど)が続きますが、自然に戻ります。

OCT(光干渉断層計)

OCT(Optical Coherence Tomography: 光干渉断層計)とは、網膜(カメラで例えるとフィルムにあたる部分)の断層画像を撮影する検査です。
このOCT検査により、診察だけでは分かりにくい網膜の状態を明らかにし、網膜の病気に対する治療方針の決定や、治療効果の判定に役立てることができます。
OCTを必要とする代表的な疾患は、黄斑円孔、黄斑前膜、糖尿病黄斑症、黄斑浮腫、加齢黄斑変性、網膜剥離、緑内障などです。

網膜剥離の主な治療方法

レーザー光凝固術

裂け目ができた状態ではレーザー治療で裂け目の周りをレーザーにて焼き固め、それ以上剥離しないようにして治療します。

網膜剥離の手術

網膜剥離が生じレーザー治療では治療し得ない場合は、外科手術になります。手術には強膜内陥術、硝子体手術があります。
手術の場合は剥離の程度、術式、また施設によって異なりますが、1~2週間の入院が必要です。

網膜剥離は、毎年1万人に1人くらいの割合で発症するといわれます。網膜剥離は、そのまま放置すると失明の危険性がありますが、早期に発見して、適切な治療をすれば視力が回復します。

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

東京みどり会の眼科紹介